リキッドの作り方基礎編フレーバー比率

電子タバコニコチン入りリキッドココカラロゴ

リキッドの作り方基礎編②(フレーバー配合表と大量生産)

HOME >リキッド自作情報

お気に入りの自作リキッドが完成したら、何度も作るのが面倒なので大量に作りたくなります、大量に作る場合は、100円均一で販売している計量カップ等が必要になります。又、リキッドを少量作る場合と基本的に一緒ですが、いくつか注意点もあります。

「大量生産必要なモノ」

①計量カップ大(500cc)

自作リキッド計量カップ


500cc近く入る計量カップ、ベースリキッド及びフレーバーをml単位で計数する際に必要となります、100円均一等で購入可能です、目盛が細かく記載されている計量カップを購入します。

 

②計量カップ小(200cc以下)又はシリンジ

自作リキッド小計量カップ

必ず必要というワケではありませんが、複数のフレーバーを組み合わせたリキッドを作る場合や、少量のフレーバーを追加するようなリキッドには持っておいてほうがいいでしょう、理想は目盛が1ml単位で確認できるカップです、最低でも5ml単位のモノを選びます。

③保管ボトル大

自作リキッド保管ボトル

作った自作リッドを保管する為のボトルです、理想はフタ付で250ml以上・先端が細く・フタのある保管ボトル、100円均一又は、ホームセンターで購入可能です。

簡単に大量生産する場合は上記の3点で可能です、更に多く生産したい場合は、キッチンボールや泡だて器が必要になります。

 

■簡単にできる大量生産方法
①計量カップ大にベースリキッド及びフレーバーを計量して混入

②保管ボトルに入る容量の場合は、保管ボトルに入れてシェイクして完了。
※自作したリキッドが保管ボトルに入らない場合は、キッチンボール等に入れてよく撹拌してから小分けにします。


自作リキッド大量生産の注意点

初めて自作リキッドを作る際には少量から作っていく事が基本です、ココカラでは5ml単位での制作を推奨しております。

★ココカラフレーバーの点眼目安
1滴・・・0.05ml
1ml・・・20滴
2ml・・・40滴

例)リキッド合計5mlの場合
ベースリキッド=4ml
フレーバー20%=1ml(15~20滴)

上記の条件でリキッドを試作する場合、ベースリキッドを4ml入れて、フレーバーを1滴2滴3滴・・・・、という具合に作っていく事になります。
フレーバー17滴あたりが美味しいと感じた場合、フレーバー比率20%で約1mlとなります、この状態で100mlの自作リキッドを作る場合「フレーバー20ml+ベースリキッド80ml」という配合になりますが、少し注意が必要です。

ココカラではフレーバーの点眼目安を記載しておりますが、あくまで目安です。

フレーバーの配合をアバウトに設定し一度に大量生産すると味が大きくブレてしまいます。

大量に作る場合は正確な数字をmlで計算してから、徐々に量を増加して段階的に味を確認し微調整を行う事により失敗を少なくできます。
30ml→60ml→120ml→240ml

特に「味の濃いリキッド・メンソール系・複数のフレーバーを組み合わせるリキッド」は大量に自作リキッドを生産すると失敗の確率が高くなります。

5mlで試作を作りその次に30mlを作って味を確認して、フレーバー比率をmlで計数、次に60mlを制作するという具合に段階を踏んでリキッドを自作するようにします。

下記の図がフレーバー比率と大量に生産する場合の配合目安です。
・緑色・・・ベースリキッド50~60
・赤色・・・ベースリキッド70~80
例)ベースリキッド50(220ml)を1袋全て使ってフレバー比率10%のリキッドを自作する場合は下記の通りです。
・リキッド合計 ・・・245ml
・ベースリキッド・・・220.5ml
・フレーバー  ・・・24.5ml

≪関連記事≫
vape自作フレーバー一覧
ベースリキッド一覧
リキッドの作り方基礎編
自作リキッドのメリット(節約編)
ニコチン入りリキッドの作り方
ベースリキッドの選び方と特徴

カートの中身

 

  

 

掲載雑誌

   

 

運営配送状況

本日は通常通りに配送を行っております!

↑ PAGE TOP