電子タバコのリキッドの保管方法・温度管理編

電子タバコニコチン入りリキッドココカラロゴ

リキッドの保管方法 ②温度管理

HOME > 質問ページ

①直射日光を避ける

②適切な温度管理

③空気とリキッドの劣化

④細菌・カビとリキッドの保管

 

温度変化は物質を膨張させ収縮させる要因です。これが繰り返される環境では物質の内部が分子レベルで掻き混ぜられ化学反応を促進します。

物質の品質安定は一般に分子が運動しにくい低温状態であることがいいのですが、高温なら高温、低温なら低温と一定の温度であって温度変化・温度差がないことが重要ですリキッドも例外ではなく気温変化や温度変化を避けることが重要です。

冷蔵庫等で保管するという方もおられますが、食品等が入った冷蔵庫に電子タバコのリキッドを保管するのは少し抵抗があります、又、小さなお子様が誤飲する恐れがありますので極力控えましょう。

冷蔵庫の一般的な温度は0~10℃になります、0℃前後になるとリキッドに様々な変化が起こります、一般的にはフルーツ系のリキッドにおいて味が変化するという事です

低温になると加水分解を起こして酸化する為、リキッドの味が変化してしまいます。
また、低温になった場合には高濃度のメンソールリキッドは結晶化する恐れがあります5℃を下回ると結晶化が進む為、冷蔵庫の一般的な温度でも注意が必要となります。
保管場所として一番良いのは、10~20℃の間で冷暗所に保管する事です。温度変化の生じない野菜庫を活用するのもいいかもしれません。

 

カレンダー

 

 
   ☆国内:発送から2~3日
   ※クリックポスト対応
   ☆国際:発送から7~10日

カートの中身

 

  

 

掲載雑誌

   

 

運営配送状況

本日は通常通りに配送を行っております!

↑ PAGE TOP