ウーキークッキーのレシピを徹底解説!

電子タバコニコチン入りリキッドココカラロゴ

WOOKEY COOKIE(ウーキークッキー) :クローンレシピ

HOME > 自作情報局


アメリカのリキッドメーカー、スペースウォーズのウーキークッキー、とにかく甘いのが特徴のリキッドで、クッキーとカラメルがブレンドされた人気リキッドです!
今回はこちらのリキッドを徹底分析しフレーバーを解析していきます!
ウーキークッキーが好きな人は、是非自作リキッドに挑戦してみて下さい、それでは早速はじめしょう!

ウーキークッキーの特徴であるクッキー部分はグラハムクラッカーのフレーバーで表現されています。

グラハムクラッカー


グラハムクラッカーは小麦粉の風味と柔らかい甘味が特徴的で、同リキッドから感じるクッキーの大部分はこちらの風味から再現できます。
アメリカではポピュラーなお菓子ですが、日本では知らない人もいるかもしれません、一般的にチーズケーキの土台にもなっている、ホロホロと崩れるアレです。

次に甘さの大部分を占めているのがカラメル系のフレーバーで、一般的にはキャラメルで再現します!

キャラメル

キャラメルフレーバーは小麦系のグラハムと混ぜる事により、メープルやパンケーキの風味を再現する事ができます。

「グラハムクラッカー+キャラメル」この2つフレーバーで、ウーキークッキーのクローンレシピの7割が完成します!

では海外のクローンレシピの分量を見てみましょう。

① ベースリキッド70~80・・・85.5%
② Caramel Candy (フレーバーウエスト)・・・4%
③ Graham Cracker (フレーバーウエスト)・・・6%
④ Sweetener (フレーバーウエスト)・・・1.5%
⑤ Waffle (フレーバーウエスト)・・・1.5%
⑥ Whipped Cream (フレーバーウエスト)・・・2%

○ベースリキッド合計 85.5%   ○フレーバー合計 14.5% 

上記レシピはフレーバーウエストで自作されています、少し説明を加えながら解説していきます。

キャラメル

 

①ベースリキッドですが、ウーキーは濃い煙が特徴なのでベース70~80で制作するとまったりとした煙になり、より再現に近づけます。

 

②キャラメルキャンディですが、こちらは好みで、他社メーカーに変更してもいいように思えます、キャラメルフレーバーは各社でも販売しており風味も事なります。


③グラハムクラッカーですが、こちらもカペラで同じフレーバーはありますが、ウーキーの風味に近いフレーバーウエストを使うのが良いかと思います。
※同じフレーバーでもメーカーによって風味が大きく異なります

 

④甘味料はココカラのスーパーシュガー・カペラのスーパースウィートで再現可能です、ウーキーの甘さを際立たせるフレーバーとして必須となります。

 

⑤ワッフルですが、こちらも小麦粉系フレーバーでグラハムと同類の味です、必須という訳ではありませんが、クッキーの風味を複雑にしたいのであれば、いいかもしれません、調合しないのであればグラハム分量を1%程増やすといいでしょう。

⑥ホイップクリームですが、ウーキーのまったりとした風味を演出する為に、調合してほしいフレーバーです、バニラ系でもいいですがクリームやミルク系の甘いフレーバーで演出するといいでしょう。

 

ウーキークッキーを再現したなら、せっかくなのでオリジナルウーキーを作ってみて下さい!
本物にブレンドするのは少し勇気がいりますが、自作リキッドなら気軽にカスタムが楽しめます!
クッキー系のリキッドなので、アーモンドやチョコレート又はタバコ系でコクを出すのも面白いかもしれません、あとはマシュマロなんてどうでしょうか?
ウーキーは濃いリキッドなので個性の強いフレーバーを1~3%の間で調合すると面白いリキッドが完成します!

Youtube:ふたりサーカスさんの動画

 

≪関連記事≫
スネークオイルのクローンレシピ

Wakonda(ワコンダ)のクローンレシピ

 

ウーキークッキークローン:ベースフレーバー

 

 

カスタムフレーバー

 

 

カートの中身

 

  

 

掲載雑誌

   

 

運営配送状況

本日は通常通りに配送を行っております!

↑ PAGE TOP